風俗の中でも最も稼げるのがソープランドです。ソープもピンキリで大衆店から高級店までランクが違います。誰しもが目指すのが高級店。高級店の場合は採用基準も厳しいです。せっかく応募しても採用されないケースもあるのです。この記事では【ソープランドの面接で落とされる人】について詳しく解説します。風俗求人でも高いお給料だけでなく待遇もいいのが高級店。厳しい審査が待っています。

厳しい採用基準

ルックスの良い女性
まずは礼儀作法やそれなりの教養が要求されます。接客スキルが、一定の水準がなければ採用されません。まあ、こういったことは、採用されたあとのお店からの講習・レッスン・トレーニングで学ぶことができます。しかし、外見はなかなか修正できません。面接ではシビアな審査基準がまっています。

スタイル・ルックス・容姿に文句がないのはもちろんのことです。それ以外にも細かい確認があります。高級ソープの場合に面接の内容で間違いなくあるのがボディーチェックです。面接にエントリーしてきた女性を下着姿になってもらいます。店舗によりますが全裸になってもらうこともあります。もちろん面接官は女性のこともが多いです。洋服の上からでは見えない問題点をチェックするわけです。

一般的には、何も隠せないように両腕を横に伸ばします。ゆっくりと面接官の前で一回転します。全身に問題がないかどうかを見届けます。店舗の面接官が角印したいのは、体の傷です。

  • 怪我
  • リストカット
  • アトピーによる肌荒れ
  • ホクロ
  • アザ
  • シミ
  • 妊娠線

上記のようなものが体にないかしっかりチェックします。

妊娠線は致命的

高級ソープランドの場合は、体に傷がある女性に不快感をしめすお客様も多いのです。それだけ高額の金額を出してくれるお客様ですから、体のスペックは面接の段階でシビアに見ます。特に妊娠線。お腹にはっきりと出てしまいます。場合によっては足までも広範囲に出ることもあります。ある意味、傷跡よりも目立ってしまいます。
妊娠
妊娠をすれば、妊娠線ができるのは当然。女性の中には、接客のスキルやテクニックにカバーできると思っているかもしれません。その意気込みは評価に値します。しかし、現実は厳しい。大衆店の場合ならば妊娠線など問題にしないところも多いです。ですが、高級店の場合は違います。

妊娠線は高級ソープランドでは致命的です。客層は社会的地位も高く富裕層です。1度のプレイで8万円などはザラ。女性への要望も高いのです。場合によっては、シミが一つあるだけでもマイナス要素になります。妊娠線があると厳しくなります。

シミとかホクロなどならば、レーザーで目立たなくすることができるでしょう。タトゥーならば小さいものならば大目に見てもらえるかもしれません。ですが妊娠線はずっと残ってしまいます。そして、広範囲にできてしまいます。高級ソープランドでは面接の際に落とされる要因になります。
妊婦

いかがでしたでしょうか?

妊娠経験がある女性は高級ソープに応募する際に、「妊娠線があるけれども大丈夫かどうか」を事前に確認しておくといいでしょう。電話と問合せでダメならば、きっぱりと諦めることです。そして、一般店や大衆店・もしくは人妻をテーマにした求人を探したほうが確実です。面接で落とされる要素はこれ以外にもいあります。ですが、まずは妊娠線など体に傷がある女性は高級ソープで働くことはとても難しいことを覚えておきましょう。もうすこしハードルを落とした求人を探すべきだとアドバイスしておきます。
全国ソープランド求人【http://soap.hopjob.net/】