高級ソープランドで妊娠線がある女性のデメリット


女性がソープランドで仕事をする場合に妊娠線があると見た目に問題がでてきます。それ以外にもっとシリアスな影響があるのです。出産経験があることがバレるだけではありません。今回は【高級ソープランドで妊娠線がある女性のデメリット】について掘り起こしてみましょう。

ある程度の盛りは許容範囲?

ソープのオフィシャル・ウェブサイトを見ると在籍している女性キャストのプロフィールが公開されています。例えば注目するのは年齢とかスリーサイズです。プロフィールに、ウソをついていない店舗は少ないでしょう。普通はスリーサイズを盛っています。年齢も実年齢よりも若くしています。実年齢を高くすることはまずありません。

写真もそうですね。フォトショップを利用して加工するのは、当然のことになっています。お客様も、ある程度は納得している部分もあります。利用していただく気持ちになってもらうには、ある程度のことは仕方がないとも言えます。大部分のお客様はそのことを理解しているでしょう。

実際に女性キャストと対面して、(おやっ?写真よりも太いかな?)なんて思うわけです。年齢がプロフィールで公開しているよりも多少上に感じるのは、許容範囲の部分です。ですが、フォトショップの加工があまりにもやりすぎていて、まるで他人のようになる場合は怒られます。

妊娠線は萎える原因になる!

スリーサイズや年齢と違って妊娠線はリアルです。ルックスやスタイルの誤差の範囲ではありません。ズバリ(私は出産の経験がありますよ)という証明になります。少なくとも、お子さまがいるのが想像できます。もしかしたら、今もご主人との暮らしを続けていると家庭事情を想像します。このことは高級ソープランドを利用するステイタスの高いお客様は萎えます。

いかがでしたでしょうか?

普通のソープと違って高級店は疑似恋愛を楽しむ要素もあるのです。妊娠線はそれを否定するものになります。余計な男の影を見せることはデメリットになるわけです。だから、妊娠線がある女性は求人面接で落とされやすくなります。

関連する記事