一般常識がない女性は風俗面接で失敗する例


風俗で高収入が稼げるソープランド求人は魅力があります。ですがタトゥーが入っている女性はまずは採用されないでしょう。また、リストカットの傷が目立つ女性もダメ。マイナスのオーラが漂っています。どれだけセクシーな女性でも男性は萎えてしまいます。商品として使い物にならないですから採用はされません。それ以外にもマイナス要素があります。今回は【一般常識がない女性は風俗面接で失敗する例】についてご紹介します。

援助交際経験者は落とされる!

面接でよく聞かれるのが援助交際経験の有無。援助交際をしたことがある女性は仕事の意識が低いです。例え経験があっても「ありません」と、きっぱり答えておくほうが無難です。ソープランドを始めとする風俗では、まずは安全の確保がベースです。お客様からの売上を店舗と女性キャストで分けています。援助交際の場合はどうですか?

全てが自分のもうけになるのです。お金を稼ぐ大切さを知らない女性だと店舗側は判断します。適当に仕事をしていても大丈夫と安易な姿勢が出てきます。

ついつい面接の途中でタバコを吸う女性もアウト!

風俗の店長は、いろいろなシーンでその女性の本性を見抜きます。女性が猫を被っていないかをチェックします。だから、面接している途中に、タバコをすすめるようなこともします。一般的な面接ではありえません。

ですが、風俗の面接では、ついつい油断してして吸ってしまう女性もいるのです。風俗と言ってもお金を貰っての仕事です。面接中にタバコを吸うのは仕事をする意識に欠けていると判断します。

いかがでしたでしょうか?

風俗の面接だからと軽んじていては、間違いなく落とされます。キチンと、普通の会社の面接だと思って気を抜かないようにしましょう。ソープランドの面接の場合は下着姿になったり全裸になったりもあります。体のメンテナンスにも注意して臨んでください。

関連する記事