女性がソープランドで仕事をする場合に妊娠線があると見た目に問題がでてきます。それ以外にもっとシリアスな影響があるのです。出産経験があることがバレるだけではありません。今回は【高級ソープランドで妊娠線がある女性のデメリット】について掘り起こしてみましょう。

ある程度の盛りは許容範囲?

ソープのオフィシャル・ウェブサイトを見ると在籍している女性キャストのプロフィールが公開されています。例えば注目するのは年齢とかスリーサイズです。プロフィールに、ウソをついていない店舗は少ないでしょう。普通はスリーサイズを盛っています。年齢も実年齢よりも若くしています。実年齢を高くすることはまずありません。

写真もそうですね。フォトショップを利用して加工するのは、当然のことになっています。お客様も、ある程度は納得している部分もあります。利用していただく気持ちになってもらうには、ある程度のことは仕方がないとも言えます。大部分のお客様はそのことを理解しているでしょう。

実際に女性キャストと対面して、(おやっ?写真よりも太いかな?)なんて思うわけです。年齢がプロフィールで公開しているよりも多少上に感じるのは、許容範囲の部分です。ですが、フォトショップの加工があまりにもやりすぎていて、まるで他人のようになる場合は怒られます。

妊娠線は萎える原因になる!

スリーサイズや年齢と違って妊娠線はリアルです。ルックスやスタイルの誤差の範囲ではありません。ズバリ(私は出産の経験がありますよ)という証明になります。少なくとも、お子さまがいるのが想像できます。もしかしたら、今もご主人との暮らしを続けていると家庭事情を想像します。このことは高級ソープランドを利用するステイタスの高いお客様は萎えます。

いかがでしたでしょうか?

普通のソープと違って高級店は疑似恋愛を楽しむ要素もあるのです。妊娠線はそれを否定するものになります。余計な男の影を見せることはデメリットになるわけです。だから、妊娠線がある女性は求人面接で落とされやすくなります。


ソープランドでの仕事は一糸まとわぬ姿になります。出産経験がある女性は妊娠線を隠すことができません。風俗求人があっても、その店が高級店の場合は面接で落とされる可能性は高いでしょう。では出産経験がある女性はソープで働けないのでしょうか?そんなことはありません。今回は【出産経験があっても人妻ソープならば需要があること】についてまとめておきましょう。

リピーターにはつながりにくい!

出産経験があると、パッと見よりも実年齢が上ではなのか?と男性は思います。それと人妻が敢えてソープで働くのは、深い事情があると詮索します。楽しい遊びの場にブレーキをかけてしまう要素になります。妊娠線がそれを想像させてしまうからです。男性にこだわりがあるとリピーターにはなってくれません。特に高級ソープでは。

ソープランドの店舗でも、お子さまがいるのは厄介な問題でもあります。急な病気などで仕事を休む心配があります。不都合なポイントに目がいきがちですから面接では採用されにくいです。

妊娠線がある女性は人妻店を狙うべし!

もっとも固いのが人妻や熟女をウリにしている店舗を探すことです。そうならば、お客様は結婚していることや出産していることは百も承知。逆にそれをセールスポイントにできるでしょう。妊娠線はプラス要素になってくれます。

人妻店にやってくる男性は、サービスや容姿が自分の好みならば、他のことはそれほど問題視しません。お子さまがいる人妻は逆に興味をしめすのです。女性側も、(騙している)という後ろめたさの気持ちを持たずに接客でくるので誠心誠意働けます。

いかがでしたでしょうか?

妊娠線は面接する場合のあくまでも評価基準のひとつでしかないです。敬遠する要素になるソープ店は多いのは間違いありません。ですが、スタイルやルックスでカバーできます。


風俗で高収入が稼げるソープランド求人は魅力があります。ですがタトゥーが入っている女性はまずは採用されないでしょう。また、リストカットの傷が目立つ女性もダメ。マイナスのオーラが漂っています。どれだけセクシーな女性でも男性は萎えてしまいます。商品として使い物にならないですから採用はされません。それ以外にもマイナス要素があります。今回は【一般常識がない女性は風俗面接で失敗する例】についてご紹介します。

援助交際経験者は落とされる!

面接でよく聞かれるのが援助交際経験の有無。援助交際をしたことがある女性は仕事の意識が低いです。例え経験があっても「ありません」と、きっぱり答えておくほうが無難です。ソープランドを始めとする風俗では、まずは安全の確保がベースです。お客様からの売上を店舗と女性キャストで分けています。援助交際の場合はどうですか?

全てが自分のもうけになるのです。お金を稼ぐ大切さを知らない女性だと店舗側は判断します。適当に仕事をしていても大丈夫と安易な姿勢が出てきます。

ついつい面接の途中でタバコを吸う女性もアウト!

風俗の店長は、いろいろなシーンでその女性の本性を見抜きます。女性が猫を被っていないかをチェックします。だから、面接している途中に、タバコをすすめるようなこともします。一般的な面接ではありえません。

ですが、風俗の面接では、ついつい油断してして吸ってしまう女性もいるのです。風俗と言ってもお金を貰っての仕事です。面接中にタバコを吸うのは仕事をする意識に欠けていると判断します。

いかがでしたでしょうか?

風俗の面接だからと軽んじていては、間違いなく落とされます。キチンと、普通の会社の面接だと思って気を抜かないようにしましょう。ソープランドの面接の場合は下着姿になったり全裸になったりもあります。体のメンテナンスにも注意して臨んでください。


ソープランドは風俗の中でも高収入を稼げるので人気のジャンルです。けれども誰でも働けるわけではなく、採用基準がきちんとあります。求人募集の中に記載をしていることもありますが、店舗側はまずは問合せをしてもらいたいから、ぼかしている部分もあります。今回は【ソープ面接で落とされやすい女性の特徴】についてお話します。

やたら保証金の話をする女性

風俗の仕事では女性を囲い込むために甘い条件をつけていることがあります。それが、保証制度。お客様が付かなくてもお給料を保証するシステムです。このシステムで雇用する店舗が考えるのは、(普段から頑張ってくれる女性のため)の制度なのです。辞めて欲しくない女性を引き止めたいからです。

けれども、この保証の話を面接で、しつこく確認する女性はどのように映るでしょうか?店舗側は出勤するだけで数万円のギャランティーをするのです。これは、適当に仕事をされてもお金は貰えることになります。店舗はこんな女性は問題があるということで採用しないことが多いです。

容姿が店舗のコンセプトとアンマッチ!

ソープの世界では高級店を除けばルックスやスタイルは関係ないと言います。各店舗コンセプトがあります。ですが高級店にとんでもない不細工がいたらどうでしょうか?店舗の評判は最悪になります。高級店はルックス・スタイル・接客レベルがトップクラスでないとだめです。求人に応募する場合には、まずは自分の実力を知りましょう。

いかがでしたでしょうか?

店舗のコンセプトにあったところのソープランドでないと面接で落とされることが多いです。ぽっちゃりタイプの女性ならば、そのような傾向の店舗を選ぶと成功しますよ。オフィシャル・ウェブサイトで女性のプロフィールを見ると傾向もわかるでしょう。


ソープランドの求人は、お給料水準も高いですから魅力があります。ですが、簡単には採用されません。高いハードルがあります。今回のテーマは【ソープランドで不採用になる理由とは何?】です。これから面接を受けようとするならば役立つ記事です。不採用になる基準を覚えておけば失敗することも少ないと思います。

敬語が使えない女性

面接しているのに「今日から働けるの?」なんて発言をすると一発でアウトです。そんなノリの女性は風俗業界は期待していません。まずは、自分のフルネームを名乗ってから、きちんと面接の予約を依頼するようにしましょう。面接時もしっかりと敬語を使うようにしましょう。

見た目が不潔な女性

洋服が汚れていたり、髪の毛がボサボサだったりするのは印象が悪いです。面接官には汚いと思われないようにしましょう。見た目は小綺麗にすることがポイントです。着飾る必要はないですが、清潔感を強調しておくとベター。

時間を守れない女性

面接の時間に遅れるのは問題外です。どうしても不測の事態で遅れる場合でも、キチンと連絡をしましょう。時間が守れなく、お詫びの言葉もない場合は、即不採用になるでしょう。

ウソの情報の女性

面接応募のときに送っている写真に加工があったり、スリーサイズを誤魔化している場合も採用されません。電話やメールで応募したときの情報と実際に違いがある場合は、高確率で採用されません。

いかがでしたでしょうか?

ソープランドだけでなく、風俗全般にもあてはまることです。気に入った求人があっても、面接の場合は全力で挑まないと落とされてしまいます。それほど風俗の世界は厳しい面もあります。安易な気持ちでは働けません。一般企業と同じ気持ちで面接を受けるようにしてください。